ナチョからの伝言

おい母ちゃん。

俺が急逝してお悲しみのところなんなんだが、俺、母ちゃんにたのみたいことがあるんだ。母ちゃんは、俺の願いはなんでもきいてくれたから、こんどもきいてくれるにちがいない。

俺の元妻のエビのことなんだ。

母ちゃん、俺を家族にするまえとあとで、3回か4回は会ってるよな。あの、ひときわでかくて、ぐいぐい来るグラマラスな女。ラナおねいちゃんとだいぶキャラのちがう俺の元奥さん。気立ても器量も超いいのになぜかまだ家族のお迎えがないんだ。保護されてからもう1年5ヶ月にもなるんだよな。

これは母ちゃんが俺を家族に迎えたいって言ってくれた、2017年12月の譲渡会のとき。エビといっしょに抱っこしてもらったっけな。

保護されてすぐの譲渡会で俺たち相思相愛だったというのに、迎えにくるのが12月とは遅かったなぁ。ずいぶんと待ったぞ。うれしくて母ちゃんのことじっと見つめちゃったよ。でも仮の母ちゃんちでもうんと大事にされていたからな。たのしく待てたぞ。

これは俺がもう母ちゃんの子になってからの譲渡会で、ひさしぶりにエビと会ったときの写真だ。

「おい。おまえ、まだおうちが決まらないのか?はやく家族の迎えがあるといいな。なんなら俺んちくるか?母ちゃんは俺の願いごとはなんでもきいてくれるんだ!ちょっと(だいぶ)ややこしい性格だけど心のやさしい、とびきりべっぴんなおねいちゃんもいるんだぞ。」って、ちょっと自慢しちゃったんだ。

ラナのナチョロス

おねいちゃん、俺が逝ったあと、1週間もごはん食べなかったんだよな。

ほんのちょっと、数十分から小一時間の留守番も、俺の遺影を置いてるテーブルに手をのせて遠吠えしてるおねいちゃんを見て、「おねいちゃん、俺ここにいるぞ、泣くなよ」って何度も話しかけたんだけどな。俺もおねいちゃんのこと、大好きだったよ。おねいちゃんはいっけんツーンとクールに見えて、実はハートがめちゃくちゃ熱いんだ。

チコ兄が逝ったあともラナおねいちゃんは食欲が失せて、お留守番できなくなって、膵炎にまでなってしまったんだよな。俺が旅立って深く悲しんでいる母ちゃん、ラナおねいちゃんのことも心配でさらにつらい様子で、俺すごく心配だったよ。

だから俺は、エビが俺のうちに来て、俺のベッドを使ってくれたらいいのにな、って念じてみたんだ。そしたら、本当にエビが、俺の母ちゃんの子になったんだ!俺、すげえな!

Ebi→Evita

メキシコっかぶれの母ちゃんはさ、なんでもスペイン語のなまえにしちゃうんだ。エビはエビって名前が大好きだからEvita(エヴィータ)にするよ、意味はね、生命の息吹って意味だよ!だって。

しかしおまえ、さすがだな。初日からずいぶんとおくつろぎじゃないか。

俺のベッドも使ってくれてるんだな。空っぽの俺のベッドを見てはとてつもなく悲しそうな顔をしていた母ちゃんが、ひさしぶりにほっとした笑顔になったのをみて、俺すごくうれしかったんだ。エビ、ありがとうな。

ラナおねいちゃんはやさしいだろう?なかよくやってるようだな 😀

しかしまさか俺が母ちゃんといっしょにエビに買ったおもちゃといっしょに、おまえがわが家に来ることになるとは!

エビ、よかったな。それと、ありがとな。母ちゃんと父ちゃんとおねいちゃんが笑えるようになったのが、俺すごくうれしいんだ。

しあわせにな!

俺の急な旅立ちで、俺のために泣いてくれた人、俺の母ちゃんを心配してくれた人、みんなありがとう!これからも俺の家族のこと、よろしくたのむよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA