Amores Perros – Love is a bitch!?

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが2000年に初監督した映画タイトル”Amores Perros(アモーレス・ペロス)”

なんとガエルくん(ガエル・ガルシア・ベルナル)この作品がスクリーンデビュー(とてもデビュー作にみえない)。

”Amores Perros”はスペイン語の直訳で”犬のような愛”。

わたしTrailerみないで映画観てしまったので映画を見た後に、犬のような愛・・・?犬のような愛・・・と、なんとなーくタイトルと内容に齟齬を感じて暗誦していたのですが、この映画は大好きで何度もみています。

最近になって(17年経って)Trailerを見てみたら、スコンっと腑に落ちました。Amores Perros。ようやく、自分のなかで映画のタイトルと内容がぴったりハマりました。

↓はい、それではTrailerご覧ください!↓

amor es traición(愛は裏切り)

amor es angustia (愛は苦悶)

amor es pecado (愛は罪)

amor es egoismo (愛はエゴイズム)

amor es esperanza (愛は希望)

amor es dolor (愛は痛み)

amor es muerte (愛は死)

¿qué es el amor?  (愛って何?)

そしてさいごに映画のタイトル

amores perros

まず、形容詞としてのperroを。犬好きにはどうにも納得のいかないことですが、万国共通で”犬”が形容詞になるといい意味で使われることないですよね。

日本でも、「〜の犬め!」「犬死に」「走狗」「負け犬の遠吠え」「権力の犬」といったように、侮蔑をこめた意味で使われることも多いです。わたしは意地でも使いませんけど!

英語でも同じような言い回しはけっこうありますね(die like a dog(惨めな死に方),lead a dog’s life(惨めな生活を送る)など)

スペイン語(メキシコ)のスラングは知ってる限り以下の通り。

  • Es un perro:ろくでなし、人でなし
  • Pata de perro: 直訳は「犬の足」。だけど、意味は道でたむろしている人たちや酔っ払いを指す
  • Perra(メス犬): 淫乱・売女・ビッチ
  • Pal perro(=para el perro): 全然ダメ。失敗作。使えない。
辞書を引いてみてもね、まぁこのありさまです。つくづく犬が不憫です。
文例:
  • tiempo de perros(酷い悪天候)
  • una vida de perros(悲惨な人生)
  • llevar una vida perra (悲惨な生活を送る)
  • morir mono un perro (のたれ死ぬ)
  • Hemos tenido un día de perros (さんざんな一日だった)

Spanish Slang DictionaryでPerroを調べると悲惨、迷惑、酷いなどのネガティブワードが満載。

で、みなさん、

¿qué es el amor?  (愛って何?)

のあとの

amores perros

なんだと思います?

英語圏のTrailerには”Love’sabitch”がamores perrosとフェードイン、アウトしてましたね。

ビッチってことばはご存じのとおり、相手を罵り侮蔑をこめて使われる言葉として有名ですが(基本的にあんまりいい意味で使われることはない言葉だとは思うんですが)、自己主張の強いタフな女といった意味で使われたりもしますよね。

じゃあ、amores perros ってどっち?ってなると、わたしはどっちも(どれも)って思います。

愛は迷惑、愛は悲惨、愛はビッチ、愛はタフ。

愛といえば、あしたのジョーのワンシーンをいつも思い出すんですよ。寄付金詐欺で逮捕されたジョーが、心理学者の質問に答えるシーン。言葉から連想するものをジョーに答えさせていくシーンです。

”愛”に対してジョーは、”居眠り”と答えます。孤児院にいたころの、「お前を愛するが故に」という説教を聞くたび居眠りをしていたことから愛=居眠りと。ちなみに、”親切”という問いには拳キチ(段平)と答えています。さすがジョー。幼い頃から鋭い勘で愛のエゴイスティックな部分を身にしみて感じていたんですね。

最近では、愛と親切についてグリーンドッグクラブ会報の27回の記事が頭に残ってます。社長の佐久間さんと糸井重里さんの対談記事に書かれていたこと。”愛より親切”。たしかにね、孤児院の先生のお説教できく”愛”より、段平の”親切”が断然いいですよ。

人と人とでもそうなんですが、人間が思い詰めたときの重い圧、犬にとっては迷惑とまではいわないけれど、負担になっているのではないだろうかと思うことはよくあります。それこそ、愛ゆえになんですけれども。健康なときも病気のときも、犬はもっとふだんどおり、サラっと接して欲しいと思っているだろうなって。

わたしがふだん犬に対して心がけていることは、感傷的、感情的にならないこと、犬と暮らす人になにか伝えたいことがあるときに心がけていることも同様です。まぁ20代のときは、人間に対してはなかなかできてなかったなと思います。

Twitterでみかけたんだったかな、ソースは定かじゃありませんが、うまいこというなーとおもったのがありました。

親切は相手が満足、おせっかいは自己満足

ってね。

「いいことをした、という
自分のアリバイを作りにいく」
みたいなことにも、なりかねないんですよね。

こちらはほぼ日の関野吉晴さんと糸井さんの対談で関野さんがおっしゃっていたことば

いろいろ書きましたけど、愛はすばらしいとおもってます。愛と暴力を結びつけたり、おせっかいで独善的・自己満足なものを愛と勘違いさえしなければ、愛・LOVE・AMO 心の根幹にしっかりとおろしておきたいものです。

Love is a bitchにならないようにね!Amor es esperanza、愛は希望!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください