パウとホラー映画

以前の記事で、パウがいなくなってホラー映画のたのしみが半減と書きましたが、実際は半減どころのさわぎじゃありませんでした。

ホラー映画を観ているときに

そろそろくるぞ そろそろくるぞ

って緊張感漂う空気になるとき、ありますよね? そんなとき、パウはきまって、音も立てず背後にしのびより、うしろからあたしの背中をトーーーーーーンと押すんです。で、いつも、

でたーーーーーーーーーーー!!!!!!

ってなるすこしまえに、

うわーーーーーーーーーー!!!!!

となり、

パウーーーーーーーーーーーーー!!!!!

となって 当の本人(パウ)は、もんのすごくたのしそうにしっぽをふってころげまわったり、わたしの頭をわしわしひっかいたり、ホラー映画のいちばん緊迫した、いちばん怖い時間は、わたしとパウにとってはいちばんたのしい時間でもありました。 ケーブルで秋になるとよく 秋の夜長のホラー映画特集 みたいなことをやるんですが、泣けて泣けて仕方ない特集です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください